So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
立体造形 ブログトップ

着色? [立体造形]

次の日曜日に「和歌山県美術家協会展」の搬入がありまだ制作中ではありますが、素材があまり良くなくて楠を彫っているが中に空洞があったり、それに随分間に出した作品の彫り直し故に木材が足らないところを継ぎ剥ぎしているので木材の目や色が合わず、今回は白っぽくというか人の肌に近い色で染色しようとおもいましたが田舎故にそんな染色材をみつけることができず、絵の具のようなペンキのようなチューブ入りのモノが気になったのでそれのピンクを買ってみた。
paint05092.jpg
とりあえずどのような感じになるか以前グループ展に出した木のいろが統一していない作品に塗ってみた。
paint0509.jpg
色はピンクと言うよりシェルピンクに白混ぜたような色でペンキぽくテカリがある。
paint05093.jpg
これで何とか全体的に色が落ち着きそうでいいかと思う。
この小さな作品は、以前ファンだったヌードルの『仲谷かおり』さんのエロ雑誌での1/6フィギュアを制作しようという企画があって私は楠で彫ってみた。
kaori.jpg
その雑誌で作られた作品の誌面品評会を催すとのことでしたが出品する人が少なかったのか人の作ったものを拝む事ができませんでした。彼女以外にも他の号でセクシー女優さんのモノの企画があったようですが、それも拝んでいません。フィギュア制作の計画ならせめて1つのポーズについて前後ろ横の4カットと上下2カットの6カットは欲しかったです。
ヘタであまりにも似ていないので、出品しませんでしたが...
このお姉さん、結構愛想が良くてファンレター出すとちゃんと返事くれたりそれに試し撮りりポラ写真を同封してくれていたりと、それに事務所を通して写真集やカレンダー買うとちゃんとサイン入れてくれてそれも嬉しいことに「Dearest ●●」と入れてくれてキスマークまでつけてくれるモノですから...勘違いはしませんでしたが好きでしたね!一度だけ大阪でのおもちゃ関連のイベントにゲストででるとのことで生で見に行きました。
ただ他のファンの方が何か異常なまでに彼女につきまとっていて引いてしまって遠巻きに見ていました。
人気が出てきて事務所がネットでの交流を有料の会員制にしてからは人気にカゲリ始めて知らない間に引退。フランスに留学に行くとかどうかで...
ホントにいいお姉さんでしたけど、今は幸せに暮らしているんだろうか?
nice!(0)  コメント(0) 

スーパーポーズブック その5 [立体造形]

29日の月曜日まで和歌山県民文化会館の展示ホールで催されている『和歌山県美術家協会展』の第2会期・洋画、写真、彫塑に昨年出品した「スーパー・ポーズブック ヌードバラエティ編5/モデル●JULIA」を参考にした作品をライザツプさせて出品しています。
julia01.jpg
かなり彫り込み、節や腐食していた箇所に木を継ぎ足したりしています。
サイズは20×106×24センチとなっていています。
材質は楠。
julia0514.jpg
まだ彫りが荒いかもと思いますが、去年よりはかなり見やすくなっていると思います。
木の次いでいるところが色が違うので着色をと考えていましたが、田舎故にちょうどよい着色剤がなく軽く水彩絵の具で色をつけています。
あくまでも参考に制作しているので、半抽象的になっています。
できるだけ具象を求めるのなら、正面だけでなく最低左右と背後からのカットの掲載してもらわないと分かりません。
ポーズ集としては、立体造形の参考には無理です。
平面としてなら使いようもありますが、コレツというポーズもなく、監修者は名前を出せない美術大学の出身者とからしいですがちょっとなぁっと思います。
また、このコスミック社だけでなくセクシー女優さんをモデルとしたポーズ集には1点も作例がありません。
ポーズ集としては疑問の残るモノです。
「その4」でも記しましたが、ファンレターの宛先が提示されていたモデルさん宛に制作中や美大出の監修者からの作例などを尋ねをしましたが本人からはもとより事務所からも販促のハガキ一枚頂けませんでした。
そういうこともありこれ以降のポーズ集は買っていません。
形を借りるだけなら、ネット上で無料で転がっている画像の方が参考になるかと思います。
特に平面の練習、創作するのならポーズ集よりネットで転がっているモノの方がよいと思います。
5月31日~6月4日までは串本町立体育館で6月7日~11日までは白浜会館でご覧になれます。
作品が戻ってきてからは、もう少し気になるところを彫り直して節や接ぎ木が分からないように着色したいと思います。

スーパーポーズブック その3 [立体造形]

悩み悩んで構想決まらず、押し入れから随分前に直立不動ポーズで彫っていた作品を引っ張り出してきました。
それでコスミック出版『スーパーポーズブック ヌードバラエティ編5』のページ7ページのカットを利用してみた。
julia01.jpg
表からの1面しかないのではっきりいって適当でデフォルメしながら彫っていく。
それと作品搬入1ヵ月きっていたのでエスキースなんて言うのもつくってられないしで...
私はその手の学校へいっていないので、はっきり言わなくても独学に近いです。
ですから人の彫った作品を研究したり仏像彫刻の本を見てみたりと試行錯誤です。
完全に木の形状をイカした抽象作品ならイメージの赴くままで彫れるのですが、ある程度の見本があるモノを彫るのは悩む。
julia02.jpg
それに彫刻故に一つ間違えるとまた一回り小さく彫らねばなりません。とりあえず今回はこういう形のままで提出しましたが、作品が戻ってきてからは暇を見てもう少しきれいに彫ってもう少しツブして見たいと思います。
イメージ的には下記の作品のような感じに彫り目を整えて木の色を統一する意味で全体を着色して見たいと思います。
sakuhin01.jpg
立体造形 ブログトップ