So-net無料ブログ作成

キンタロー祭り? [祭]

田辺市本宮町にある熊野本宮大社では13日より本宮祭が執り行われており、本日はメインの渡御祭が執り行われました。
昨日、和歌山放送ラジオで渡御祭に元AKB48の前田敦子さんの物まねでブレイクしたタレントのキンタロウさんが祭りに参加されるとのことを聞き、例の紫おばさんの恐怖覚悟でやってきました。
大社の境内では祭り準備をする小中学生などの参加者の準備風景を撮ろうと撮っていると、あの恐怖の紫おばさん!
このおばさんには近づかないようにしていたが、この紫おばさんが人混みからバツクしてきて体当たりされました。
平地でしたので踏ん張ることができ、本人も「ごめんなさい。」と体当たりしたことを認めたのでまぁよしと...
でもこれが階段だったらと恐怖です。
祭礼の行列を下からの撮影者の邪魔にならないと思われる石段の踊り場で待っていると、熊野本宮大社の公式カメラマンというらしいおじさんが入り込んできて、行列を遮る観光客やカメラマンに向かって邪魔だと吠え飛ばし始める、またどこかの報道関係者だという女性2名が私の前に入り込んできて撮り始め、結局私は万歳状態で撮影。
ここで、女御輿を担ぐキンタロウさんを撮影。
kin04151.jpg
以前「水森かおり」さんが神事に参加するために人混みに入ってきましたが、彼女の撮影は禁止と言われて撮ることができませんでしたがキンタロウさんの場合は、所々で撮影タイムがあり多くの方が彼女の御輿を担ぐ姿を撮って満足そうでした。
kin04152.jpg
kin04153.jpg
kin04154.jpg
このような対応は、本人のタレントさんとしてのサービス精神や事務所の方針によるモノだろうと思います。
でも多くの人が来られる中ですから撮影するなっという方が難しいと思うし、それならこんな祭礼とか観光地に来るなっと言いたいです。
私は、祭礼で人混みに現れた水森かおりさんの撮影禁止の際のものの言い方に大変カチンときて、あれ以来「水森かおり」さんが嫌いになりました。

急遽 [祭]

本日、零戦が南紀白浜空港へ給油のために立ち寄るとのことで朝から行って見る。
平日にもかかわらず航空機マニアの多いこと。
ただ、鹿児島を飛び立ち広島かなんかで機材トラブルとなり白浜空港には飛んでこれないとのことで、湯崎の山神社の献湯祭に急遽切り替えたが...
元々行くつもりなかったので下調べしてなくて、とりあえず白良浜に降りてみて出発地点らしきところでカメラを構えてみるが、背景がイマイチの所を行列するのと、今回は時代衣装を着た女性が行列するとのことでしたが、足元がズックやサンダルとなんか服装とマッチしていない。
また最大の難点は衣装着た女性がおばさまがほとんどで若くて小綺麗なお姉さんが...
何とか1人居てたので狙って見るが周りがおばさまで囲まれていて、いい感じて撮れない。
結局、山神社の境内で参列している所をサクラの葉を利用して撮ってみる。
0601kentou.jpg
今回の祭事だけでなく御書祭なんかも時代衣装を着ての行列だが完成度が低いのと背景が悪いので写真にしにくい。
今回の出発点は白良浜の近くだったので、道路沿いを通らずに一度白良浜に入ってのの演出をしてもらいたかったと思います。
献湯祭とい行ってもここ四半世紀前からの祭礼というよりイベント的なもののようなので、もっと見せ方を工夫してもらいたいモノです。

最初と最後 [祭]

13日~15日まで熊野本宮大社の祭礼がありそのフィナーレを飾る『渡御祭(とぎょさい)』に久々に行ってきました。
11時過ぎに本宮大社について、鳥居くぐると本殿に続く石段を稚児の手を引いて登る和服姿のお母さん。
コレはいいかなっと思い撮ってみる。
hon041501.jpg
hon041502.jpg
撮っているとカメラおじさまたちがその親子を追いかけ始めて親子の後ろにくっついていて撮りにくくなる。
まぁこんなのは仕方ないかな?
本殿にお参りしてしてから、境内で行列参加者の準備姿をスナップ。
平日なのでそう人は多くないと思っていましたが、カメラマン、ウーマンの多いこと。
そう、要注意の紫おばさんもきてチョロチョロしてはっきり言って邪魔です。
また那智の時のように崖から突き落とされるのではないかと恐怖と戦いながらの撮影開始。
私は自然な表情を撮りたいので少し離れて撮ったりしていたこともありその間にしっかりカメラマン、ウーマンが入り込んで遮られる。
できるだけ彼らの撮りそうなカットはさけて車のウィンドウや木々の葉の隙間を利用して撮っていく。
hon041503.jpg
hon041504.jpg
hon041505.jpg

行列が始まり祭事が続くが、お客さんがおおいのとで、厚かましくいいところに割り込んでいく根性がないのでコレはと言うのは撮れない。
最後に、毎回ここでしか撮れない護摩木供養の炎越しに撮る桜を撮ってみる。
今年は、ピンクのボタン系だけでなくソメイヨシノぽい白いモノも残っていて今までと違ったモノが撮れました。
hon041506.jpg

女子高生の壁!! [祭]

朝から田辺祭の宵宮の神事に出かけました。
例年なら笠鉾巡幸について回るところ、今年はいつもと違う所を狙って見ようと思い御旅所での神事を中心に撮ってみました。
ただ、神事を見学されているかも多くて、周りを見て見学の邪魔や笠鉾の通行の妨げにならないような位置関係を確認してから撮影を試みました。
それも地面に手をこすりつけてのローアングル。
yoi7242.jpg
そうじゃないと巫女の舞などをしている小さな子供の顔が見えないんです。
がんばって狙っているといきなり女子高校生の生徒が前をふさぐ。
最初は2,3人...みるみるうちに他のメンバーも集まって完全に壁となり撮影ストップ!
yoi7241.jpg
まぁ女子高生だけじゃないんですけど...
yoi7243.jpg
yoi7244.jpg
写真撮る人って結構厚かましいというか、私のように周り確認し撮っているなかなか写真撮れないと言うことです。
それとこんな中途半端な安物のコンデジで撮影していると周りから軽く見られるのでしょうね?
yoi7246.jpg
yoi7245.jpg
そんな撮影をしていると、どこかのご年配の方が『いい撮り方してるね!どこから来られたん?』と声をかけられる。
私の撮り方ってそんなにいい撮り方の格好していますか?
私はデジ一眼レフは持っていません。
ここでも何度も記しているように、マナーの悪いデジ一眼レフを持った方が多く見受けられそういう人と一緒にされたくない思いありなかなか持つ勇気がないです。
ですから、いつも高倍率コンデジで撮影しているんですけどハスの花を撮っていたら『プロの方ですか?』、白良浜のイベントで若い男女のグループに生きた三脚頼まれて撮ってあげたら撮ってあげた写真を確認してなんかうなってプロに撮ってもらったとか水着のお姉ちゃん二人組なんかも写真確認して『プロに撮ってもらったらちがうなっと』とぼそっと言ってお別れしたりで...どうプロなんって思うんですけど...
プロがこんなクズみたいなコンデジもってうろうろしてないでしょっと?

曳き別れ [祭]

田辺祭本宮の22時前からの曳き別れに行ってきました。
闘鶏神社からの傘鉾の出発は、三脚を据えて撮れるような状態ではなかったので手持ちで撮ってみました。
hiki01.jpg
また、最後の会津橋での4基による曳き別れは、例年のような傘鉾が踊るような振る舞いがなくいまいちでした。
hiki02.jpg
4基が例年通り舞うと迫力あっただろうなと思いました。
hiki03.jpg

宵宮 [祭]

田辺祭の宵宮に行ってきました。
9時半頃から、旧会津橋から各町の傘鉾巡幸が江川の細い通りをあちらこちらと巡幸する様をペンタックスX-5特徴でチルト式のライブビューモニターを使ってローアングルで狙ってみました。
いままでとは違った世界が見えます。
yoi01.jpg
巡幸を撮っていて御旅所となっている江川漁港の中学生による巫女の舞などを撮り損ねてしまって...
何とか稚児だけは何枚か撮れました。
でもその稚児に向けて多くのカメラマンが取り囲んでいるものですから、一歩引いてしまう私なんかは思うようには撮れません。
yoi02.jpg
昼からの傘鉾巡幸はあまりにも暑いのでいくのやめて、21時半からの旧会津橋での引きそろえには何とか間に合うように行ってきました。
会津橋はもうすでに人でびっしりで入れる隙間がなく、川上の堤防から撮ってみました。
今まで最大の広角であったオリンパスSP-590uzで35mm換算で26mmですべての傘鉾を入れるには斜めにしないと撮れませんでしたが、ペンタックスX-5は22.3mmですのですっぽり入りました。
yoi03.jpg
このコンデジの特徴を生かした撮影が出来ました。
yoi04.jpg
yoi05.jpg

御書祭 [祭]

白浜町湯崎地区にある山神社の祭礼の『御書祭』がありました。
ここの祭りの特徴は、江戸時代の大名行列に扮した地元の人々が山神社まで行列をしていくというものです。
出発地点では、獅子舞が舞いそれから細い狭い参道を上がっていきます。
gosyo01.jpg
参道の観客のおばさま方からは「今年の姫さんえらい年いってるなぁ~」との声。
gosyo02.jpg
それに神社につくなり行列に参加していた中学生などは自ら撤収といってさっさと着替えに行ってしまう有様。
gosyo03.jpg
はっきり言って、写真を撮りに来ていた方々にはがっかりの祭事参加者の態度です。
この祭事は白浜町の観光協会のホームページでも紹介されているものですが、祭事に関わっている方々がこのような状態では、祭事にならないと思います。
gosyo04.jpg
それでアマチュアカメラマンの狙いは、お稚児さんに言ってしまいます。
私も撮って見ましたが、何せ狭いところでもみくちゃ状態ですのでなかなかコレッといったモノは撮れませんでした。
gosyo05.jpg
また、今回は狭い参道を行列の最後尾について歩いてしまったのでサンヨーXactiでの動画は撮れませんでした。
オリンパスSP-590uzのみでの撮影となりました。

浴衣美女求めて [祭]

田辺祭の本宮の最後の最後、傘鉾の曳き別れで浴衣美女を入れて撮れないかと探して回る。
浴衣の女性と傘鉾を入れて撮ってみる。
hiki01.jpg
でもなかなかここっていう場面に遭遇できず、思うようには撮れない。
hiki02.jpg

田辺祭・宵宮 [祭]

今年も闘鶏神社の例大祭である『田辺祭』がはじまりました。
機材は、オリンパスSP-590uzとサンヨーXacti・CG11。
旧会津橋を9時半に出発とのことでその前にどこかおもしろいところがないか探す。会津川とならんで流れている運河?に映った傘鉾を見つける。
tanabe01.jpg
祭での舞奉納は、今年も一般から募集したとのことでほとんどが小中学生。
そんな子供たちが漁協の建物で一休み。
窓から祭りの様子を眺めている様を撮ってみる。
tanabe02.jpg
またお稚児さんも...
各町の役員さんが周りを気にしてくれる方なら撮影タイムとかの段取りとかをしてくれるが、今年の世話役さんたちはそんなことおかまいなしで、子供ママたちも思うように子供を撮影できない。
せっかくの晴れ姿がもったいないなぁっと...
tanabe03.jpg
今回は撮影中にオリンパスSP-590uzがいきなりレンズが震え出すという症状がでて...
サンヨーのOEMでインドネシア製ゆえに、そろそろ限度かなっと思われました。
いくら日本のメーカーがつくっているとはいえ東南アジアで作っているモノは当たりハズレがあり怖いです。とくに中国製は、すぐにつぶれるのでオリンパス社のデジタル一眼、レフは怖くて買えません。


夜は一仕事終えてから走ったので、傘鉾はすでに旧会津橋に並んでいた。
今年は昨年の水害のためか川底が整地されていたので川上からでもきれいな川面に映る電飾が撮れた。
tanabe04.jpg
各町へ戻る傘鉾を撮ってみる。
tanabe05.jpg

こども撮り? [祭]

本日は、熊野本宮大社の13~15日に催される本宮祭の御渡祭の日です。
この日が一番のメインでそれも今年は日曜日ということですごい人。
それもアマチュアカメラマンの多いこと。
そのアマチュアカメラマンの多くも私も狙っていたのが、祭の稚児行列に参加する子供表情。
それも、祭礼がはじまる準備しているところを...
今回もいつもと同じようにオリンパスSP-590uzに祭りの御輿や祭事の様子をサンヨーXacti・CG11で動画を撮る。
hon01.jpg
また、今回偶然ではありますが女の子を狙っていたときに着物姿の女の子が私の前を横切ったときにシャッターを押したのがちょっとおもしろいかも?
hon02.jpg